今日の宝物

画像

かき餅(三種)作り2019×とんど祭り。

こんな暖かなとんど祭りは初めてでした。

例年通り、人のほぼ居なくなった頃を見計らって火を貰いに行きました。

鏡開きしたお餅もここで焼いて河原で頂きます。

画像
画像

↑灰を被せて薩摩芋(焼き芋)やソーセージも焼いてま~す。。。(´-∀-`;)

画像

隣で酒屋のおばあちゃんも遅くに来て焼いてました。

画像

私の作ったかき餅(ゆかり・あおさ・ブラックココア)。

※作り方は下の方に。

画像
画像
画像

おやおや、、、おばあちゃんに手伝ってもらってる父。。。

どうも、口出ししたくなる人・・・なんですよね。こうすれば効率良いって具合に。。。

私は疲れるけど、元教師と言うおばあちゃんは人の扱いに慣れてるのかな。

あんな人が一人家に居ると良いなぁ。。。

何か、思いっきり母親のように促していたな。。。餅を素手で触っていたら、“これはね(トングを持ちながら)何の為にあると思っているの?”(*ノωノ)・・・(爆笑)

もっと言ってやって。

背も高くて小顔で、80代にして腰が曲がるどころか膝曲げて手伝ってくれるし、耳も全然遠くない事に驚愕。

物静かな中に何か凛としたもの漂わせている。

私のかき餅をあげたんですけど、火が弱くなってなかなか焼けなかったから焼けたものと交換を促したんだけど、“何時かは焼けるのよ。”・・・と。


密かに憧れのおばあちゃん。^^


画像
画像
画像

パンみたいだけど、お餅。

良い感じに焼けた。

画像
画像
画像

刻んだ黒豆と砂糖醤油を混ぜたタレとかき餅のお善哉。

寒くないから、もうポッカポカ。(*‘∀‘)

見るだけで寒くなる。(とんど祭り2018)

画像
画像
画像
画像
画像

もち米200g、水150ml~160ml、ゆかり(自家製)大匙2弱、あおさ大匙1 1/2、ブラックココア大匙1弱、もちとり粉。

※ホームベーカリー使用。ない場合はお鍋で蒸かし麵棒で突きます。

※三種なのでもち米全部で600g使用。

ひとまとまりにしてタッパーなどにもちとり粉を塗して乾燥させる。

一日経ったら、かき餅カッターでカット。

※かき餅カッターは田舎のホームセンターでしか売っていないと思うんです。(多分)

包丁でも切れますが、三日目にもなると固くて切りづらいので注意。

※水分量が多ければ切れ易いです。

画像
画像

乾燥中・・・乾燥中・・・。

彦の嬢も乾燥中・・・。

一番下の段は変な色だけど、ゆかりの香りはとても香しい。あおさも良い香り。ブラックココアは無臭になります。

画像
画像

油でじっくり揚げれば、サクサクのおかきに。

市販のおかきとは違い過ぎます。

これ食べたら、市販のは・・・。何で出来ているのだろう・・・?と疑問が。。。

かなり乾燥させると膨らみが落ち着き、作って間もなくはまだぷっくりと膨らみますが、それも美味しいです。

おかき作りは、こちらへ来てからご近所さんに教わりました。^^

画像
画像

昨年収穫分の薩摩芋は出来が良く、甘い。

満月!

画像

年神様、

これで帰って行っちゃったのかな・・・。

画像

昨年と同じ末吉だけど、弁財天様の御守りが!

“残り物には福があるのよ。”



そんな穏やかな光の中の、そんな歳の取り方をしよう。















万能押切り オールカッター A-150 [ステンレス押切機 押し切り かき餅切り器 のし餅切り器]
瀧商店
●餅、南瓜、昆布など多用途に使えるオールカッターです。●餅、南瓜、昆布など多用途に使えるオールカッタ


楽天市場

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

今日の宝物
Excerpt: ハーブあられ(バジル・パクチー・オレガノ・ヨモギ四種)。
Weblog: ~空箱~
Tracked: 2019-03-03 00:10