今日の宝物

DSC07272.JPG

今年のクリスマスケーキは、黒い森のケーキ。(シュヴァルツヴェルダー)

でも、ただの黒い森のケーキじゃぁないの。

中身はダークチェリーではなく缶詰めのピンクのサクランボ。

魔女母のアイデアでとても良いものが出来ました!


DSC06845.JPG

それから、ドライフィグ入りパンぺパート。

イタリアのクリスマス菓子。癖になる大人の為のお酒の効いた固焼きクッキー。


DSC06945.JPG

干し柿のパネトーネ。

干し柿は勿論手作り。パネトーネやクグロフに干し柿を練り込むとホックりして美味しいんですよ!

これは昔も(10年前)作っていたものだけど、やはり美味しい。


DSC07162.JPG

トムヤムクン風味のシーフード詰めコンキリオーニ。

洋風小籠包と言った感じでしょうかね。


DSC06793.JPG

ポーランドのジュレック。

勿論、パンも手作り。

2度目の新じゃがが穫れ始めたのでクリスマスメニューに加えました。


DSC06564.JPG

ロールチンゲン菜。(クスクス入り)

これも畑のチンゲン菜の大量消費に沢山作りました。

タネはクスクス入りで美味しいんですよ。^^



レシピはサイドバーの田舎の花曜日に全て有り。


殆どが凝った料理なので一般向きではないかも知れません。簡単な料理は殆ど作りません。

何故なら、誰にでも出来る事を続けていても、人の真似ばかりしていても、人生は死んでいるのと同じだからです。

生きていても面白くない。

そりゃぁ、当たり前だ。

DSC07321.JPG

先週、久しぶりの投稿で行方不明になった光太郎くんの事を書きましたが、、、


そう!!あれから、


コタボ、、10日目の夜遅くに帰ってきました!!!( ;∀;)


DSC07322.JPG

あの遠くから、“わこーーーわこーーー。”言って駆け寄ってくるアレがその光太郎くんです。


DSC07323.JPG
DSC07324.JPG
DSC07325.JPG

帰ってきた夜は、、コタボの声が空耳のように聞こえました。


近所の神様が祭ってある所にお願いに行ったり、お星さまにお願いしたり(丁度、冬の流星群が見れました)長くて短い10日間。


途中、雪の日もあり、、、泣きそうでした。。。


いや、影で泣いてました。(^-^;


コタボと言う人格(猫格?)はこの世に1匹しか居ないのですから。


DSC07330.JPG

ぽっちゃり見えますが、10日前は首輪がパンパンだったのにスカスカです。


持ち上げても軽い。


明らかに10日間、何も食べていなかったようでバクバクとご飯を食べ、食べながら何か喋り、、


その後も喋りっぱなし。。。


いや、、、何言ってんだか全然解らないからね。w


何処でどんな目に遭っていたのか知っておきたくても、今後また同じような事があった時探し易くなるんだけども、、、


いや、、、全然何言ってんだか。。。


必死で喋っているのは解るよ。(*´з`)


DSC07331.JPG

6年前の失踪の時は炭だらけだったけど、今回は何処も汚れていなかった。


ただ、足の裏に新しい血が出てたから脱出時に付いた怪我だと思われる。


何か踏まないと出れない場所だったのかなぁ。



謎は深まるばかり。



DSC07281.JPG

ホッとしたら、、、クリスマスだ。


父は今週末に再入院の再手術。


でも、その2日後には退院。。。(-ω-)/





慌ただしい、、非常に慌ただしい師走。


テレビはコロナの話ばかりでもう良いよって感じだし。もうどんな番組も見たくもない。(ヒロシと古い洋画は観ているが(笑))




コタボが戻って父の状態も何とか乗り越えられそうなら、もうそれだけで充分。


ひっそり過ぎ行くクリスマスに今年は何か特別な有り難さを感じる。





Merry Christmas, and a Happy new year.






神様、有難う。





私、このコロナ世界、、そんな嫌いでもないのよ。



だって私好みの清潔感と食事は静かに摂る・喋らないが実現しているんですもの。




この世に静かでマナーの行き届いた人間が増えるって素敵じゃないですか!!



死は運命です。受け入れて。






良いお年を。

















"今日の宝物"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。