今日の宝物

DSC08314.JPG

“花見してるのか。”


そう隣のおばちゃん、おじちゃんに声掛けられてる光太郎くん。。。


穏やかな春の一幕ではあるものの、、更なる憂いが待っていた。。。



父は病院に仕事に行っているので、病院側がコロナ患者の受け入れ態勢を整えているのは聞いていた。


そして、明日からその受け入れが始まる。


田舎へ移住しても、、変わらない現実がもう現実味を帯びている。


それは仕方ないとしても、4月20日。この数字不吉なので、できれば4月21日から入って欲しかったと思う。



・・・何か嫌な予感。



そもそも2020この数字自体が不吉である。


占い師は何を呑気にしていたんだろうか。



しかしながら、新宿の母の健康運はなかなかに当たっている。


星椎茸の肩凝りと頭痛、平衡感覚の無さは今年に入ってから異常に酷い。


コレを書いていても頭が重くサロンパスは手放せなくなっている。



“肩凝りを甘く見るな”と。



多分、緊張性頭痛だと思われる。


治すには、何もしちゃいけないんだろうな?


DSC09333.JPG

我が家は、コロナのお陰と言って良いのだろうか?


まとまりが良くなり、父との関係が改善されつつある。


父からは、すこぶる素直な会話が聞けるようになった。



病院での事だ。


今はコロナ一色だが、普段はインフルエンザで亡くなる小さいお子さんが多いらしい。


インフルは小さいお子さんが掛かると危険なのだ。


親御さんは、人が変わっても毎度、、、泣き崩れている。



それ、見ているとね。


命って粗末に出来ない。自分の事をクズだと思っていてもね。



魔女母さんが父に聞いた。


“アナタ行っておきたいとこある?アナタ死んだらアタシと星ちゃんとで行くから。”www😭


(これは関西人特有の嫌味ではない((笑)))


“アナタ、アタシが先死んだら持病の注射誰が打つのよ?”



:“アナタ死んだら僕も行くから。。。”



魔女::(;・∀・)マジ。。。


星椎茸:(;・∀・)マジ。。。。。




父よ、、、可愛い娘をすっかり忘れている。。。



そして、、ヒロシの旅番組を観ながら“台湾行きたいな~。”と、けろっと言ってのける。


後は、長野。


そう、ついこの間C.W.ニコルさんがお亡くなりになったので私ももう一度行きたかった、長野だ。


7歳の頃にKOARAIと言うペンションで遭遇したのがC.W.ニコルさんだった。


子供の目に当時は外人さんは珍しかったからよ~く覚えてる。


日本人に帰化してるとは知らなかったですね。



一冊だけC.W.ニコルさんの本があったのを思い出し探したが見つからなかった。


母に聞くと何度かの引っ越しで処分してしまったらしい。😭



で、、見つけたのが立原正秋の『愛をめぐる人生論』



長く生きてみないと判らない事もあるのかな。


素直に生きたら、愛は愛で帰ってくるのだと思います。




長く連れ添うって事がやっと少し、羨ましく感じ始めました。






それとやはり、院内感染は覚悟しておかないといけない事も。


魔女母は気丈なので、俄然やる気が出て今のうちに美味しいものを食べさせておこう!!


そんな意気込みでおります。(笑)


DSC08238.JPG

愛とは不思議なものですね。



“ありがとう。”



父がポソっと言ったらしい。。。




陰で泣いてる母。




もう良いんよ。お互い様だから。



母はそう言って鼻をズルっとさせた。






本の冒頭でこう書かれている。

“睡眠薬代わりに読んで頂けたら”


“読め!”


そう言われてる気がしたので読む。


頭痛と不眠と緊張が楽になるだろうか?






これを乗り切ったら、、台湾旅行が待っているのよ!!!







何かのご縁でしょう。

C.W.ニコル氏の本もまた探させて頂きます。




















この記事へのコメント