今日の宝物

練り切り、秋明菊。 この可憐な花は、余りにも丈夫過ぎて何時しか私は少し、、、ぞんざいに扱っている様な気がしてならない。 しかし、秋の彩に欠くことはできず貴重な冬の彩へと変化を遂げる。 今一度、慈しむ心と共にレンズを通して見てみよう。 里芋練り切りに準じる→基礎→練り切りアート集。 中身は薩摩芋餡。花の表面に少し市販の白餡を塗っています。花芯部分は内側が薩…

続きを読む