今日の宝物

DSC04907.JPG

練り切り、秋明菊。


DSC04890.JPG

この可憐な花は、余りにも丈夫過ぎて何時しか私は少し、、、ぞんざいに扱っている様な気がしてならない。


しかし、秋の彩に欠くことはできず貴重な冬の彩へと変化を遂げる。


今一度、慈しむ心と共にレンズを通して見てみよう。


DSC04880.JPG
DSC04881.JPG
DSC04882.JPG
DSC04884.JPG
DSC04885.JPG

里芋練り切りに準じる→基礎→練り切りアート集。


中身は薩摩芋餡。花の表面に少し市販の白餡を塗っています。花芯部分は内側が薩摩芋餡、外の輪が薩摩芋と白餡、黄・桃の色粉の混合。


花弁は5~6枚。桃色に色付けた里芋生地の淵は分けておいた白い生地を少し乗せてハイライトに。


DSC04921.JPG
DSC04930.JPG
DSC04932.JPG
DSC04902.JPG

その辺に転がしておいても違和感ないほど秋明菊です。(*‘ω‘ *)


DSC03776.JPG

売りに行きたいくらい増えていますの。。。(^-^;


DSC03773.JPG
DSC04582.JPG
DSC04584.JPG

天使の綿は、冬に生まれます。


DSC04583.JPG
DSC04591.JPG
DSC04585.JPG
DSC04592.JPG

その綿はやがて、聖者となりクリスマスを祝福するのです。

DSC03968.JPG

空箱のトップの画像がその綿ですね。

冬の庭に何もなくなる頃の楽しみは、、、至って簡素だから、

秋明菊の綿を集めて、私も小鳥のお布団として提供したりしてみようかしら。。。( *´艸`)


あ・でも、、綿突いてる小鳥見たことないかも。。。



ま・いっか。



11月になったら、また野鳥公園にも出掛けてみます。















【花終わり】 秋明菊(シュウメイギク)ルフィア 3.5号苗(b9) - 千草園芸
【花終わり】 秋明菊(シュウメイギク)ルフィア 3.5号苗(b9) - 千草園芸

この記事へのコメント