今日の宝物

先日、二十数年ぶりにゴッドファーザーを見て思い出した。

時代によってカリキュラムは違うかも知れませんが、小学6年生の図工の時間でオルゴール作りましたよね?

画像

何度かの引っ越しで失われていったモノの中に残されてたオルゴール。

兄の時と私の時では図工の先生が違ってたから、絵付けがなかったのでガッカリでした。兄のオルゴールには確か母に手伝ってもらって美しい白薔薇が施されていたんです。
子供って言ったって本格的な事したいじゃないですか!少なくとも私は!

先生が変わるだけでショボ臭くなるんですよね。音楽会の時もそう、兄の時は“木星”次の年は“展覧会の絵”。何てカッコ良いんだろう!何て迫力!小学校の演奏会と思えない!(母も昔そう言ってた)って思ってたのに、私が6年生の時はこちらも先生が変わってしまって“マンボ”・・・。“マ・・マンボ”っていったい!?

子供ながらに虚しすぎたよ。"(-""-)"子供を馬鹿にしてる。"(-""-)"

兄の時代は良かった・・・。県下一の不良中学が側にあったのでその改革?の為に芸術や夢中になって取組める事に従事し、健やかな子供を育てる環境作りに力を入れていた時代だった。。。

今だから判る。先生(大人)は完全なんかじゃない、これっぽっちも。以前の音楽の先生は私の着ているセーターが手編みであることに気づいて、何でもないコミュニケーションの中で、私のような引っ込み思案の子供の心を鷲掴みにした。当然、名前も覚えているが、次の先生に関して何一つ記憶にない。指導能力の違いはどうにもならない。続けなければ、全てが元の木阿弥。



上のオルゴールに、色はありません。

けれど、葡萄のデザインは自分でしたし、何より、選曲は“ゴッドファーザー”。

この曲選んだのは、クラスでたった一人でね。

なので友達一人誘いました。 その子も当時エンヤの“ファーアンドアウェイ”とか聴いてたみたいで。 一緒にコレにしよって言ったら躊躇なく選んでくれた。 ^^

10歳くらいから衛星放送で古い映画見てた所為か、ちょっとマセてたかもですね。

洋楽聴いてる子なんてまず居なかった。

画像

音、鳴るかなとネジ回したけど鳴らなくて、指で軽く押したら動き出した。

何かちょっとドキドキしちゃった。

あんな時代があったんだね。

遠い遠い昔。ホントにあったのかな?あれはホントに私なのかな?

奏でる音だけが、本当だよって、

物淋しく流れる愛のテーマ。


何時かまた、蓋を開ける日が来るでしょう。




こんなモノでも残ってて良かったよ・・・と。





-余談-

マーロン・ブランド⇔大地康夫。
アル・パチーノ⇔真田広之。

何時観てもこのお二人で和製ゴッドファーザーが出来るんじゃないかってそう思ってしまうんですよねー。(*‘ω‘ *)



















イタリア ベネチアガラスぶどうペンダントネックレス
輸入雑貨のお店 アンビエンテ
商品説明素材ベネチアガラスビーズ 金具メッキサイズ 長さ38cm +アジャスター4cmトップ5.5c


楽天市場 by イタリア ベネチアガラスぶどうペンダントネックレス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「ゴッドファーザー」オリジナル・サウンドトラック [ ニーノ・ロータ ]
楽天ブックス
ニーノ・ロータ 【発売日前日お届け無料(一部地域除く)】 ほかCDオススメ情報は⇒ こちらゴッドファ


楽天市場 by 「ゴッドファーザー」オリジナル・サウンドトラック [ ニーノ・ロータ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック